予算に応じてデザインしよう

文化祭やクラブ活動やサークルなど、チームで着るTシャツをオリジナルデザインで作ろうと思った場合、まずは見積もりを取ってからデザインに入る方法もあります。

Tシャツは布地にプリントする訳ですから、特別なラメのあしらいや独特な手触りの印刷など、凝った印刷を希望するのであれば値段は当然ながら高くなります。

自分たちのオリジナルでデザインに凝ったTシャツはステキですが、値段との兼ね合いも出てくると思います。
その値段によってデザインを変更したり、色や印刷の技法を限定することで値段を安く押さえることも可能です。

値段に関係なく希望に沿ったTシャツを作成するのであれば良いのですが、予算が決まっているのであれば、予算内に押さえた印刷について事前に値段を提示して交渉やできる範囲などを確認しておくことでスムーズに進行します。

アイテムを選んでTシャツ作成

何と言ってもTシャツ作成といえば、デザインする作業にフォーカスしている人は多いと思われます。しかしながら、Tシャツ作成においてアイテムを選ぶという作業も大事になってきます。

デザインや使用目的に合わないアイテムでTシャツ作成を行うと、デザインがあまり良く見えなかったり、もしくは使い勝手において少し不便だと感じる事もあるかと思われます。

Tシャツ作成においては、アイテムの生地が薄いか厚いかという点に注目している人も多い様です。他にもTシャツ作成においてはアイテムのカラーまで選べる事もあります。同じアイテムであったとしても、会社によって扱っているブランドなどは異なる場合があります。

メッセージ入りのTシャツ作成

誰か大切な人に自分の気持ちをしっかりと伝えたい。お礼を言いたいけれど恥ずかしくて言えない時には、メッセージ入りのTシャツ作成がいいでしょう。メッセージ入りのTシャツ作成の場合には、どんな言葉にするか考えないといけません。

Tシャツ作成ではシンプルにありがとう、と記入するのもいいですし、少し詩的にするのもいいでしょう。Tシャツ作成は、自由だからこそ、よく考える必要があり、自分のオリジナリティが重要になります。Tシャツ作成では、着用する人が喜んでいる姿をイメージすると、きっと楽しく感じられる事でしょう。メッセージだけではなくて、イラストを添えるというアイデアもいいでしょう。

フォトショップを使用したオリジナルTシャツについて

イベントの時に用いたり、会社のユニフォームとして日頃から着用するといったようにオリジナルTシャツの存在は組織を一纏めにするために良い働きをしてくれます。

ウェブサイトからデザインをアップロードする場合は手書きのイラストでも良いのですが、フォトショップを活用して作成すると尚更良い出来栄えになります。ソフトウェアを使用してオリジナルTシャツをデザインした際、相手先がファイルを閲覧できるのかが心配になりますが、フォトショップでの入稿を推奨している企業もあるほどなので全く問題はありません。

手書きに比べ、再現したい色味などが正しくオリジナルTシャツに採用できます。

Tシャツ作成をしてみよう

Tシャツ作成をしたことがある人は大勢いると思います。定番の方法としては、転写シートをプリンターで出力し、アイロンでTシャツに接着する方法です。この方法は手軽にできますが耐久性が弱く、何らかの影響で剥がれてしまうことが多くあります。

また、いくつかの工程を経て作成しますので、1枚作成するのに非常に時間がかかってしまう作業だと言えます。そのようなことをしなくても、効率的にも価格的にもいい方法があります。それは業者に依頼することです。デザインはオンラインで送ることができますので、自身の希望するものを作成してくれるでしょう。

Tシャツ作成が終わったら試着する

完成したものは、問題がないか確認しています。本来なら試着するなどして、Tシャツ作成後に何か変なところはないか、伸びることで変に見られるところがないかチェックしています。オリジナルのものを作った場合、しっかり見ておかないと変な部分が見つかります。

修正はとても大変なので、1枚作ってもらったら試着して、またTシャツ作成で修正してもらいます。多くの部分を修正することで、ある程度求めているTシャツに近くなります。完成したものを試着すると、わかってくることも多いので、試着しないで販売するより、1度着たほうがいいです。

Tシャツ作成に関する記事

オリジナルのTシャツを作成したい、オリジナルTシャツ作成を知りたい方はこちらからお問い合わせください